ブランド買取で並行輸入品が不利な理由と高く売る3つのコツを解説

ブランド買取で並行輸入品が不利な理由と高く売る3つのコツを解説

「並行輸入品って、正規品と比べてなんでイメージが悪いの?」

「並行輸入品って買取してもらえるの?」

「並行輸入品をブランド買取に出す場合は、どんなことを意識すればいい?」

並行輸入品をお持ちの方で、ブランド買取を利用したいけど売れるのか不安という方や、実際に低い価格で買取られた経験のある方、いらっしゃるのではないでしょうか。

実は、並行輸入品がブランド買取において不利になる理由は明確に存在しています。

この記事では、以下のことを解説しております。

  • ブランド買取において並行輸入品が不利になる理由
  • 並行輸入品が買取不可となる理由
  • 並行輸入品を少しでも高く売る3つのコツ

この記事を読むことで、「ブランド買取時においてなぜ並行輸入品が不利になるのか」「そのうえで少しでも高く売るにはどうすればいいのか」を理解できます。

これから並行輸入品をブランド買取に出す予定の方は、ぜひ最後までご覧ください。

1.並行輸入品と正規品はどこが違う?

まず初めに、「並行輸入品って、聞いたことはあるけど実際どんなものいかわからない」という方向けに、並行輸入品の対である正規品と比べながら解説いたします。

並行輸入品と正規品の違いは、国内への流入経路にあります。

  • 並行輸入品は、ブランドとは関係のない第三者(個人または業者)によって日本へ輸入された商品
  • 正規品は、ブランドの正規代理店によって日本国内に輸入された商品

並行輸入品と正規品は、流入経路が違うだけで実際は同じ商品です。

そのため、ブランドとは関係のない第三者による輸入品であっても、本物の海外ブランド品が輸入された並行輸入品であれば、偽物や粗悪品ではなく合法なものとなっています。

並行輸入品と正規品の違いについては、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

2.ブランド買取において並行輸入品が不利になる理由

「並行輸入品は正規品と何ら変わらない同じ商品である」と前述しましたが、ブランド買取においては不利になることが多いです。

では、なぜ同じ商品なのに並行輸入品が不利になってしまうのかを解説いたします。

今回ご紹介するのは以下の3点です。

  1. 偽物の可能性があるから
  2. 並行輸入品のほうが保証が少ないから
  3. 並行輸入品よりも正規品の方が需要が高いから

1つずつ詳しく見ていきましょう。

2-1.偽物の可能性があるから

先ほど、「並行輸入品は偽物や粗悪品でもなく合法なものとなっている」とご説明をしましたが、あくまで「輸入された並行輸入品が本物である場合」に限ります。

なぜならば、残念なことに悪徳な業者が存在し、精巧に作られたコピー品を並行輸入品とうたって販売していることがあるからです。

ブランド買取では、コピー品の可能性が高い並行輸入品に慎重になる買取業者も多く、買取価格が下げれたり買取不可となることも多いので注意しなければなりません。

2-2.並行輸入品のほうが保証が少ないから

ブランドによっては、「並行輸入品には保証が一切効かない」というパターンがあります。

保証の少ない商品は、次の買い手も見つかりにくく、ブランド買取においては買取金額が低くなる要因です。

しかし、なかには並行輸入品でも保証が効くブランドも存在します。

たとえば、かの有名なロレックス。

ロレックスは、「国際保証」というものがあり、基本的にどの製品にも5年間の保証が付いています。

ただし、並行輸入品と正規品で保証書の記載のされ方が違うので、注意が必要です。

ロレックスの保証 – 世界に広がるネットワーク

2-3.並行輸入品よりも正規品のほうが需要が高いから

前述したように、並行輸入品よりも正規品のほうが需要が高く、たとえ同じ商品であっても並行輸入品の買取金額が低くなります。

日本国内では、ギャランティーカードが付いている正規品とギャランティーカードが付いていない並行輸入品では、安心感や信頼感の高い正規品が選ばれやすいです。

買取業者は、需要の差を重点的に確認するため、並行輸入品のほうが買取価格が低くなるということです。

3.並行輸入品が買取不可となる理由は?

ブランド買取において、並行輸入品が正規品よりも不利になる理由は理解していただけたでしょうか。

次に、並行輸入品の買取価格が下がるだけでなく、「買取不可」となる理由について説明いたします。

結論、買取業者のなかには正規品しか買取していない業者も存在するため。

理由としては、主に下記の2つです。

  • 正規品のほうが、並行輸入品よりも需要が高くすぐに買い手も見つかることから、買取業者にとっても利益を生み出しやすいため
  • 並行輸入品が本物であるのか見極めにくいため

特に2点目に関しては、「スーパーコピー品」と呼ばれるとても精巧なつくりをしたコピー品が並行輸入品として出回っており、本物であるのか見極め困難なケースが多々ございます。

見極められない場合は、買取業者側にリスクが生じるため、買取不可となるということです。

買取専門店玉光堂では、専門の査定士によって並行輸入品の査定・買取を随時受け付けております。

安心してお持ちください。

4.並行輸入品を少しでも高く売る3つのコツ

これまでは、並行輸入品が不利になる理由について主に解説いたしました。

では、並行輸入品を少しでも高く売るにはどうすればいいのでしょうか。

実は、並行輸入品を高く売るコツは存在します。

今回ご紹介するコツは以下の3つです。

  • 専門の査定士が在籍している買取業者を選ぶ
  • 査定時に決して嘘をつかない
  • 付属品はすべて用意しておく

1つずつ見てみましょう。

4-1.専門の査定士が在籍している買取業者を選ぶ

並行輸入品を売るときは、必ず専門の査定士が在籍している買取業者を選んでください。

専門の査定士は、知識と経験が豊富で正確な価値の見極めがおこなえます。

たとえば、日本で未発売のブランド品の場合でも、知識が豊富であればあるほど正しい買取価格を提示可能です。

そのため、並行輸入品を売る際は、専門の査定士が在籍している買取業者を選んでください。

4-2.査定時に決して嘘をつかない

並行輸入品を査定時は、決して嘘をつかないようにしてください。

並行輸入品であることを隠したとしても、目利きの良い査定士でしたらすぐにわかりますし、嘘をつくことで査定士からの信用を失いかねません。

また、正直に細かく説明をおこなうことで、査定士の商品理解も深まるため、正確な価値の判断がおこないやすくなります。

以上のことから、並行輸入品を査定時は、嘘をつかず正直に話すことを意識してみてください。

4-3.付属品はすべて用意しておく

並行輸入品を購入したときの付属品は、できるだけすべて用意しておきましょう。

買取時、付属品が揃っていることで本物であることの証明ができます。

並行輸入品は、本来日本でブランド品を購入した時に貰える保証書やギャランティーカードがない代わりに、海外で購入した時の書類があります。

もし、付属品を捨てずに残しているのであれば、買取時に必ず持参してください。

5.まとめ

いかがでしょうか。

今回の記事では、「並行輸入品がブランド買取で不利になる理由」と「高く売るコツ」について解説いたしました。

並行輸入品は、正規品と比べて需要が低かったり偽物の可能性があったりするため、ブランド買取において不利になることが多いです。

正規品と比べて買取価格が下がったり、買取不可となったりします。

しかし、ご紹介したコツを実践していただければ、少しでも買取価格を上げることが可能です。

買取に出したいブランド品がたとえ並行輸入品であったとしても、諦めずに売却を試みましょう。

買取専門店の玉光堂は、現在全国5箇所に店舗を展開中です。

詳しくはこちらの店舗一覧より、各店舗の情報をご確認ください。

また、玉光堂では全国対応の宅配買取を実施中です。

詳しくは、こちらの宅配買取サービスをご覧ください。

ご不要になったブランド品・金・貴金属・ジュエリーなどの売却をご検討の方はぜひ当店まで。

皆様のご来店をお待ちしております。