並行輸入品と正規品の違いは?それぞれのメリット・デメリットも解説

並行輸入品と正規品の違いは?それぞれのメリット・デメリットも解説

「よく聞く並行輸入品って、正規品と何が違うの?」

「並行輸入品を買うメリットってなに?」

普段何気なく生活をしていて、「並行輸入品」という言葉を聞くことはあるけど、実際のところ正規品と何が違うのかよくわかっていない方、意外といらっしゃるのではないでしょうか。

実は、並行輸入品と正規品は明確な違いがあれど、海外ブランドが製造した同じ製品であることに変わりないんです。

この記事では、以下のことを解説しています。

  • 並行輸入品と正規品の違い
  • 並行輸入品って合法なの?
  • 並行輸入品と正規品のそれぞれのメリットとデメリット

この記事を読むことで、「並行輸入品と正規品は何が違うのか」「それぞれのメリットとデメリットはなんなのか」を理解できます。

並行輸入品の概要を知りたい方は、ぜひ最後までご覧ください。

1.並行輸入品と正規品の違い

では早速、並行輸入品と正規品の違いについて解説いたします。
並行輸入品と正規品の違いは、「国内への流入経路の違い」です。
以下にて、並行輸入品と正規品の流入経路にどのような差があるのかをご説明いたします。

1-1.並行輸入品の流入経路

並行輸入品は、主に以下の流れで日本へ流入し、消費者の手へと渡ります。

  1. 海外ブランド品が、海外にあるブランド直営店やブランド正規代理店で販売される
  2. ブランドと関係がない、並行輸入企業や個人が買い付けをおこなう
  3. 買い付けたブランド品が日本へ輸入される
  4. 日本で小売店や個人によって販売される

上記のとおり、ブランド品が日本へ輸入される際に正規の代理店を通していません。

正規の代理店ではなく、「ブランドとはまったく関係のない第三者」によって日本国内へ輸入されるのが特徴です。

1-2.正規品の流入経路

では次に、正規品の流入経路を見てみましょう。

  1. 海外ブランド品が、日本国内の正規代理店によって輸入される
  2. 日本国内の正規販売店によって販売される

正規品の場合、「ブランドによって定められた正規代理店」によって日本国内へ輸入されるのが特徴です。

並行輸入品とは違い、第三者が介入することはありません。

2.並行輸入品は合法なの?

並行輸入品と正規品の流入経路を見ていただきましたが、気になるのは「正規代理店を介さずに輸入される並行輸入品って合法なの?」という点かと思います。

結論から申し上げますと、並行輸入品は合法という判断がされます。

なぜなら、並行輸入品は「海外のメーカーで合法的に製造された商品」が、「関税の発生する合法的な輸入」によって日本国内に流入するためです。

特許庁のページにも、以下のような記載があります。

1. 並行輸入商品に付された商標が、輸入元の外国における商標権者またはその商標権者から使用許諾を受けた者により適法に付されたものであること

2. 輸入元の外国における商標権者と日本の商標権者とが同一人であるか、法律的もしくは経済的に同一人と同視し得るような関係にあることにより、並行輸入商品の商標が日本の登録商標と同一の出所を表示するものであること(つまり、商標の出所表示機能が害されていないこと)

3. 並行輸入された商品と日本の商標権者が登録商標を付した商品とが、その登録商標の保証する品質において実質的差異がないと評価されること(つまり、商標の品質保証機能が害されていないこと)

引用元:Q2. 商標権にかかる並行輸入 | 経済産業省 特許庁

特許庁は、上記の3つが守られていれば並行輸入品も合法であると明示しています。

読んでみると難しく感じますが、つまり「海外メーカーで製造された本物の商品」であれば、メーカーと関係のない第三者によって輸入され販売されたとしても合法である、ということです。

ですので、並行輸入品の購入を検討される際、「違法かもしれないし購入するか迷う…」と悩む必要はありません。

3.並行輸入品のメリット・デメリット

並行輸入品と正規品の違いと、並行輸入品が違法ではないことがお分かりいただけたでしょうか。

では、並行輸入品のどのような特徴があるのか、メリットとデメリットをそれぞれご紹介いたします。

3-1.並行輸入品のメリット

並行輸入品のメリットは、以下の2点です。

  • お手頃な価格で手に入る
  • 国内未発売の商品が手に入る

並行輸入品は、為替変動を利用して海外から日本へ安い価格で仕入れられるため、基本的に正規品よりも価格が安いです。

海外ブランド品は、ブランドイメージを保つため安売りされないことがほとんどなので、並行輸入品を買い求めた方が圧倒的に安く手に入ります。

また、何かしらの理由があって日本で売られていない海外ブランド品が手に入ることも。

お金をかけずにブランド品が欲しい方や、日本未発売のもので個性を出したい方などにおすすめです。

3-2.並行輸入品のデメリット

次に、デメリットです。

並行輸入品のデメリットは、主に以下の3点です。

  • 保証を受けられないことが多い
  • 偽物の可能性がある
  • 日本規格でないことがある

最大のデメリットは、「保証を受けられないことが多い」ことです。

お店にもよりますが、並行輸入品と正規品で保証内容に差別化をしている場合があります。

また、並行輸入品のなかには偽物が販売されていることも。

確実に本物を手に入れたいという方は、信頼できる並行輸入品の販売店を選ぶことも大切です。

4.正規品のメリット・デメリット

並行輸入品のメリットとデメリットはご理解いただけたでしょうか。

次に、正規品のメリットとデメリットについて、それぞれご紹介いたします。

4-1.正規品のメリット

正規品のメリットは、以下の3点です。

  • 偽物の心配がない
  • 保証が充実している
  • 正規価格で販売され値上がりする心配がない

正規品は、並行輸入品に比べてブランドの手厚い保証が受けられます。

また、正規のブランド品が正規の販売店によって販売されるため、偽物が売られる心配もないです。

安心して購入できることが最大のメリットといえます。

4-2.正規品のデメリット

正規品のデメリットは、強いていうのであれば以下の2点でしょう。

  • 海外の人気ブランドの場合、セールをはじめ値下がりすることが少ない
  • 人気商品の場合は、売り切れによって入手するまでに時間がかかる

正規品の場合、値下がりすることはほとんどありません。

また、人気商品の場合は入手できるまで時間がかかるという特徴もございます。

5.【まとめ】並行輸入品と正規品の違いを理解し、自分にあったものを選ぼう

いかがでしょうか。

今回の記事では、並行輸入品と正規品の違いと、それぞれのメリットとデメリットについてご紹介いたしました。

並行輸入品と正規品には、下記のような「流入経路の違い」があります。

  • 並行輸入品は、ブランドと関係のない第三者によって日本国内へ輸入される
  • 正規品は、ブランドによって定められた正規代理店によって日本国内へ輸入される

並行輸入品は、正規品と流入経路が違えど、海外ブランドが製造した正規の商品であることに変わりありませんし、合法的なものです。

保証を受けられなかったり、日本規格でなかったりとデメリットも存在しますが、為替変動を利用して正規品よりも安い価格で売られたり、日本未発売のものが手に入ったりとメリットもございます。

コピー品をはじめとした偽物にだけは気を付けて、ぜひ購入を検討してみてはいかがでしょうか。