不要な時計を高く売るためには?時計買取のコツを伝授

不要な時計を高く売るためには?時計買取のコツを伝授

「新しい腕時計を買いたいから、今まで使っていた時計を売りに出したいな」

「もう使わなくなった腕時計があるけど、どうやったら高く売れるかな」

普段使いをされている腕時計に関して、買い替えを機に今使っている時計を売りに出したいとお考えではないでしょうか。

この記事では、時計の査定時のポイントと、どうしたら高価での買取を実現できるのかを解説いたします。

1つ1つを意識し実践していただくことで、時計の買取価格を上げられます。

不要になった時計の売却をお考えの方は、ぜひ最後までご覧ください。

1.はじめに、査定士がチェックするポイントを知る

買取のコツをご紹介する前に、まずは買取業者の査定士がどのポイントを重視しながら査定をおこなうのか、理解をしましょう。

査定士が重要視するポイントを理解することによって、高価買取の実現に一歩近づきます。

ポイントは、4つございます。

1-1.傷の状態はどうか

時計買取において、一番大切なのは査定品の状態です。

査定士は、文字盤や表面の傷を入念にチェックします。

傷が少ないと、時計の中古の市場でも需要が上がり、買い手がつきやすいためです。

そのため、査定士は傷の状態を必ず確認します。

1-2.付属品があるか

時計購入時に付いてくる付属品も、時計買取では大きな役割を果たします。

特に保証書があると、時計が本物であるという証明となります。

また、例えば替えのベルトがあると買い手もつきやすくなるため、付属品の有無が重要です。

1-3.正常に作動するか

時計は、普段使いされるもののため、扱い方によっては秒針のズレや内部の破損が生じることがあります。

特に時計は、定期メンテナンスを怠ることで故障が生じやすいです。

買取業者は、故障がないかどうか、査定時に精密な測定によって調査をおこないます。

1-4.需要が高いかどうか

時計は需要によって、市場での価格が大きく変化するものです。

需要が高ければ高いほど、中古市場での販売価格は上昇します。

販売価格の上昇に応じて買取価格も上昇してくるため、時計買取において、査定時の需要は大事な指標となります。

インターネットオークションでの出品状況や落札状況を見るだけでも、ある程度の需要をつかむことができるので、おすすめです。

2.時計の買取価格を上げるコツ

査定士がチェックするポイントは、ご理解いただけたでしょうか。

ポイントをご理解いただいたうえで、査定の際、具体的にどのようなことをして時計の買取価格を上げていくのか、解説をいたします。

今回ご説明する点は、以下の6点です。

  1. 汚れを落としきれいにする
  2. 付属品をつける
  3. メンテナンス・修理の証明書を用意する
  4. 劣化する前に買取に出す
  5. 時期を見極める
  6. 複数の買取業者を比較する

1つずつ、詳しくご説明をいたします。

2-1.汚れを落としきれいにする

まずは、表面やベルトの汚れをきれいにしましょう。

チェックするポイントでも述べたように、査定士は時計の状態を入念にチェックいたします。

汚れが多いものと少ないものでは、汚れが少ないほうがおのずと買取価格も上がります。

なので、汚れは落としてから査定の依頼をおこないましょう。

しかし、ここで注意が必要な点があります。

金属部分を磨いたり、刻印を削ったりすることで、逆に傷つけてしまうということです。

そのため、クロスで表面の汚れを拭き取ったり、ブロワーでホコリを取り除いたりするだけで十分です。

また、ベルトの汚れは、以下の手順で洗浄してください。

  1. ぬるま湯で薄めた中性洗剤で揉み洗いする
  2. ベルトについた洗剤を、水で流す
  3. 風通りのいい日陰で乾かす(完全に乾くまで2日ほどかかります)
  4. 完全に乾いたことを確認し、仕上げとして革クリーナーを塗って、乾拭きする

ご説明した手順は、革ベルトの洗浄手順となるのですが、金属ベルトの場合は中性の洗剤で洗う際、隙間は歯ブラシを使って洗いましょう。

洗い終わったら水で流し、乾いた布で水分を拭き取れたら完了です。

少し面倒かもしれませんが、手順を踏んできれいにしていただき、買取価格を上げましょう。

2-2.付属品をつける

時計購入時の付属品は、残っているものがあればすべて用意してください。

付属品があることによって、製品の品質が証明され、買取価格が上がりやすいです。

付属品とは、例えば以下のものがあります。

  • 時計の入っていた箱
  • 保証書
  • サイズ調整の際に余ったコマ
  • 替えベルト

時計の付属品は小物が多いため、すでに捨ててしまったという方もいらっしゃるかもしれませんが、もし残されている方は、買取価格を上げるチャンスです。

査定に出す際に探す手間を省くためにも、一緒の場所にすべて保管をするのがおすすめです。

2-3.メンテナンス・修理の証明書を用意する

オーバーホールや修理を過去に受けたことがある方は、受けた際の明細や証明書も用意をしましょう。

オーバーホールとは、内部のパーツを分解して、掃除や調整をおこなうことです。

時計は非常に繊細な機械であり、普段使いするために不具合が生じやすくなるため、オーバーホールを4年から5年に1回の頻度で受けることが推奨されています。

時計買取の場合は、通常であれば買取後にオーバーホールがおこなわれるのですが、オーバーホールの明細があることによって、買取業者側の手間が省かれるため、買取価格も上がるのです。

ただし、オーバーホールは査定前に必ず受けなければいけないというわけではありません。

上昇する買取価格よりも、オーバーホールを受ける料金のほうが、料金が高くなってしまうことがあるからです。

ですので、無理にメンテナンスを受けるのではなく、もし近々で受けられているのであれば、査定時に必ず伝えてください。

また、修理の証明書は本物であることの証明となるため、買取価格を上げる大きな役割を果たします。

以上のことから、オーバーホールや修理の明細や証明書がある場合は、必ず用意しましょう。

2-4.劣化する前に買取に出す

時計は、精密機械のため、保管の方法によっては経年劣化が起こります。

ですので、劣化する前に早めに査定へ出すことをおすすめいたします。

以下のような場所で保管をおこなうと、故障や劣化に繋がりますので、注意してください。

  • 高温多湿の場所
  • 直射日光が当たる場所
  • 落下の恐れがある不安定な場所
  • 磁気が発生するものの近く
  • 乾燥材の近く

時計は非常に繊細なため、湿度が高い場所や、スマートフォン・パソコンなど磁気を発生する機器の近くに置いておくと、故障や劣化の原因となります。

また、乾燥剤の近くで保管をすると、内部に使われている油が乾いてしまう可能性があり、湿気や磁気と同じく故障や劣化の原因となるので注意が必要です。

時計は、必ず適切な場所で保管をおこないましょう。

ただし、それでも防げない経年劣化もあるので、早めに査定に出すことをおすすめいたします。

2-4-1.クオーツ時計の電池交換は済ませておく

クオーツ時計の場合、電池が切れて止まってしまっている状態ですと、内部で液漏れを起こし故障することがあります。

そのため、止まっている状態では、買取対象外となったり買取価格が大幅に下がってしまったりする可能性が高いです。

なので、査定に出す予定の時計は、できるだけ電池交換を済ませた状態にしておきましょう。

2-5.時期を見極める

時計は、時期によって販売価格が上下するので、なるべく販売価格が高いタイミングで査定に出しましょう。

販売価格が高いタイミングは、買取価格も上がるためです。

時計の場合、時期によって需要が変化するためにその分販売価格も上下いたします。

例えば、ギフトとしての需要が上がる入学・就職のタイミングや、ボーナスが入ったタイミングです。

このようなタイミングは需要が高まるため、販売価格が上昇いたします。

ですので、査定に出す前に必ず販売価格の確認し、時期の見極めをおこないましょう。

2-5-1.為替の確認をする

円安の時期に査定に出すと、買取価格が上がることがあります。

ロレックスやオメガといった人気のブランド時計は、そのほとんどが海外ブランドで輸入されたもののため、円安の時期は販売価格も上がるので、円安の時期は時計の売り時といえます。

売却予定の時計が海外ブランドの場合は、為替のチェックもしましょう。

2-6.複数の買取業者を比較する

査定に出す際は、複数の買取業者を比較しましょう。

比較することで、相場の把握ができ、交渉もおこないやすくなるためです。

交渉と言っても、そこまで難しい技術は不要です。

例えば、「他の店舗にも査定を依頼している」や「他の店舗では〇〇円と査定してもらった」とお伝えをするだけでも、買取価格が上がることもあります。

なので、複数の買取業者に査定の依頼することはおすすめです。

2-6-1.インターネットオークションやフリーマーケットは注意が必要

この記事を読まれている方のなかで、インターネットオークションやフリーマーケットへの出品をお考えの方がいらっしゃるのではないでしょうか。

出品の際は、損をしたりトラブルが発生したりしないよう、注意しておこなってください。

インターネットオークションやフリーマーケットは、直接の売買取引となるため、買取業者での査定額より高い金額となることがあります。

しかし、時計についての知識が薄い場合は、価値以下の金額になったり、個人間でのトラブルが起きたりします。

また、利用されるツールの手数料が発生したり、値段交渉によって本来の価格よりも低い額で購入されたりすることで、結果的に損してしまうこともしばしば。

トラブルの未然防止や損をしないためにも、相場の把握や、出品時の情報記載の仕方など、注意しておこないましょう。

3.【まとめ】査定時のポイントを抑え、時計の高価買取を実現しよう

この記事では、査定時に査定士がチェックするポイントと、買取価格を上げるためのコツを解説致しました。

◆査定士がチェックするポイント

  • 傷の状態はどうか
  • 付属品があるか
  • 正常に作動するか
  • 需要が高いかどうか

◆時計の買取価格を上げるためのコツ

  • 汚れを落としきれいにする
  • 付属品をつける
  • メンテナンス・修理の証明書を用意する
  • 劣化する前に買取に出す
  • 時期を見極める
  • 複数の買取業者を比較する

以上のことを意識し実践していただくことで、お手持ちの時計を1円でも高く売却ができます。

少々手間がかかってしまうものもありますが、実践するのとしないのでは大きく変わってきますので、まずは面倒くさがらずに取り組んでみましょう。

また、ある程度使用歴のある時計でも、日頃のメンテナンスがしっかりとおこなわれていれば評価がされますので、まずは査定に出してみましょう。

買取専門店の玉光堂は、現在札幌・旭川・柏・長野・松本の全国5箇所に店舗を展開中です。

詳しくはこちらの店舗一覧をご覧ください。

また、当店では全国対応の宅配買取も実施しております。

詳しくはこちらの宅配買取サービスをご覧ください。

ご不要になった時計はもちろん、ブランド品・金・貴金属・ジュエリー・古銭などの売却をご検討の方はぜひ当店まで。

皆様のご来店をお待ちしております。