宝石買取の注意点とは?よくあるトラブルも解説

宝石買取の注意点とは?よくあるトラブルも解説

「宝石を売りたいけど、トラブルに巻き込まれそうで心配」

「宝石買取を利用するのが初めてなので、注意することがあれば知りたい」

大切な宝石を手放すとき、買取の利用が初めてで不安という方も多いのではないでしょうか。

宝石買取では、注意点を事前に知っていただくことで想定されるトラブルを未然に防げます。

この記事では、以下のことを解説しております。

  • この記事で解説していること
  • 宝石買取時を利用する際の注意点
  • 宝石買取でよくあるトラブル
  • 宝石買取業者の選び方

この記事を読むことで、宝石買取の注意点を理解し安心して利用できるようになります。

宝石買取に不安を感じられている方は、ぜひ最後までご覧ください。

1.宝石買取における5つの注意点

早速、宝石買取の注意点を解説いたします。

今回解説する注意点は、以下の5つです。

  1. 訪問買取は利用しない
  2. 査定後のキャンセル料がかかる買取業者は利用しない
  3. 見積書を出してもらう
  4. 宝石に対する知識量を確認する
  5. 必ず複数の買取業者で査定してもらう

1つずつ見ていきましょう。

1-1.訪問買取は利用しない

訪問買取は、できる限り利用しないよう注意してください。

訪問買取の場合、「古物商許可」という警察署から認可を受けている業者なのか怪しく、最悪の場合は詐欺被害にあう可能性があるからです。

そもそも、訪問買取業者は事前にアポイントをとる必要があるため、突然自宅に来る「飛び込みの訪問買取」は違法行為となります。

訪問買取に関しては、消費者庁のページにも以下のような記述があります。

事業者は、訪問購入を行うときには、勧誘に先立って、相手方に対して以下のことを告げなければなりません。

1.事業者の氏名(名称)
2.契約の締結について勧誘をする目的であること
3.購入しようとする物品の種類

引用元:訪問購入|特定商取引法ガイド

上記のように、事業者の氏名(名称)を明示する必要がありますが、悪質な業者の場合は名乗ることをしません。

また、飛び込みで訪問買取に来るような業者は身元も不確実で、宝石以外の物品も買取ろうといわゆる「押し買い」をしてくるため、トラブルに発展することも。

そのため、飛び込みの訪問買取が自宅に来た場合は、迷わず利用しないようにしましょう。

1-2.査定後のキャンセル料がかかる買取業者は利用しない

査定後のキャンセル料がかかる買取業者は利用しないようにしてください。

もし買取金額に納得しなくても、売却をやめるだけで損してしまうためです。

そのため、査定後のキャンセル料はあるのか事前に確認し、無料でおこなえる買取業者を利用するようにしてください。

1-3.見積書を出してもらう

査定時は、見積書を出してもらうようにしましょう。

買取価格を口頭のみで伝えられるよりも、実際に書面として証拠を残してもらうことでトラブルを事前に回避できるためです。

見積書には、たとえば以下のことが記載されています。

  • 見積書に記載される内容
  • 店舗名
  • 買取対象の商品名
  • 買取対象となる商品の数量
  • 査定金額

上記のような項目が書面で残されていれば、買取業者と宝石を売りたい人の間で信頼関係も築けますよね。

万が一見積書の作成を拒まれるようなことがあれば、証拠を残したくない怪しい業者と考えていただき、利用を控えたほうが無難です。

1-4.宝石に対する知識量を確認する

宝石を買取に出すときは、査定士や買取業者の宝石に対する知識量を確認してください。

特に素人では判断が難しいダイヤモンドをはじめ、知識量がとぼしければ実際の価値より低い買取金額を提示されかねないからです。

査定中に宝石のことを聞いてみたり、「なぜこの買取金額になったのか?」など積極的に質問してみたりしてください。

ただ、なかには宝石への知識が豊富であるがゆえに、言葉巧みに騙してくる悪質な買取業者も存在するので注意が必要です。

他の注意点も含め、総合的に判断してください。

1-5.必ず複数の買取業者で査定してもらう

買取に出す際は、必ず複数の買取業者で査定してもらいましょう。

宝石を売りたい人には、自分の納得する買取金額を提示してくれたり、満足できるサービスを受けられたり、さまざまな要素から買取業者を選ぶ権利があるため。

せっかくの権利ですから、使わないのはもったいないです。

たとえば、唯一査定をおこなった買取業者が悪質だとしたら、ほとんどの場合は損することになるでしょう。

少しでも自分にとってプラスになるよう、必ず複数の買取業者で査定してもらい、比較することをおすすめいたします。

2.宝石買取で起こりがちなトラブル

次に、宝石買取でよく起こりがちなトラブルをあげていきます。

今後ご自身が巻き込まれないためにも、事前に「よくあるトラブル」を理解しておきましょう。

2-1.相場よりも低い買取金額で見積もられる

最もありがちなトラブルとして、「相場よりも低い買取金額で見積もられる」があります。

買取業者としては、できるだけ安く買取れた方が利益につながるからです。

悪徳な買取業者や宝石に関する知識が乏しい買取業者の場合に起こりやすいです。

回避する方法としては、事前に相場を確認しておくことがあります。

インターネットオークションを確認したり、買取業者が公開している買取実績を確認したりすることで相場把握可能です。

査定前は、大体の相場を確認しておきましょう。

2-2.断っているのにしつこく売却を要求してくる

主に訪問買取の場合、断っているのにしつこく売却を要求されることがあります。

訪問買取にきた業者が悪質であれば、何かと理由をつけて居座り続けなかなか帰ってくれないなんてことも。

「断るのが苦手」という日本人の性格上、最終的に折れてしまい損することがあるので、やはり訪問買取は利用しないようにしてください。

3.トラブルを回避するための買取業者の見極め方

では、宝石買取においてトラブルを回避するためには、どのような基準で買取業者を見極めるのがいいのでしょうか。

今回は、3つの方法をご紹介します。

  1. 宝石買取実績が豊富な買取業者を選ぶ
  2. 専門の査定士がいる買取業者を選ぶ
  3. 査定士の対応がいい買取業者を選ぶ

では、1つずつ見ていきましょう。

3-1.宝石買取実績が豊富な買取業者を選ぶ

必ず、買取実績が豊富な買取業者を選ぶようにしてください。

買取実績が豊富であれば、知識や経験が豊富なため、適正な買取価格を見極められるからです。

買取実績は、インターネット上で公開されていることが多く、当社の場合は以下ページから確認していただけます。

ダイヤ・宝石の買取実績一覧

相場の参考にもなりますので、ぜひご覧ください。

3-2.専門の査定士がいる買取業者を選ぶ

買取業者は、宝石専門の査定士がいるかどうかも基準にしてください。

専門の査定士であれば、常に相場確認をおこない知識も豊富なため、安心して買取に出せトラブルのリスクも軽減できます。

そのため、利用予定の買取業者に専門の査定士がいるかどうか、あらかじめ確認しておくこと良いでしょう。

3-3.査定士の対応がいい買取業者を選ぶ

査定士の対応がいいかどうかも、チェックしてほしいポイントです。

査定は人間同士でおこなわれますから、相性の合う合わないがあります。

今まで大切にしてきた宝石ですから、せっかくなら気持ちよく売りたいですよね。

また、査定士の対応がよければなぜその買取金額になったのか、詳しい査定理由も教えてくれます。

納得できる買取価格で売るためにも、査定士の対応がいいかどうかもチェックしましょう。

4.まとめ

いかがでしょうか。

宝石買取の注意点を解説してまいりました。
宝石買取を利用する際は、下記に注意してください。

  1. 訪問買取は利用しない
  2. 査定後のキャンセル料がかかる買取業者は利用しない
  3. 見積書を出してもらう
  4. 宝石に対する知識量を確認する
  5. 必ず複数の買取業者で査定してもらう

また、買取店を見極めていただくことで、起こりうるトラブルを未然に防げます。

ぜひ、気持ちよく売れる買取店を見極め、自分が納得する形で宝石を売却しましょう。

買取専門店の玉光堂は、現在全国5箇所に店舗を展開中です。

詳しくはこちらの店舗一覧より、各店舗の情報をご確認ください。

また、玉光堂では全国対応の宅配買取を実施中です。

詳しくは、こちらの宅配買取サービスをご覧ください。

ご不要になったブランド品・金・貴金属・ジュエリーなどの売却をご検討の方はぜひ玉光堂まで。